申込む際にはウソをつかない

カードローンを申込む際に最も大事なポイントとして、「ウソをつかない」という点が挙げられます。

当たり前なことと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
例えばちょっと高い金額を希望に出すために年収でついウソをついてしまうといったケースが非常に多く見受けられます。
ウソをつくと高くつくケースを紹介しておきます。

1位:年収

上述しましたが、ちょっと高い年収を書いてもバレないだろうと思ってしまう方は多くいらっしゃるようです。
「源泉徴収票」の提出が求められなければ、問題ないだろうと高を括っている方が多いですが、2010年6月に本格施行された貸金業法において、借入は年収の1/3と定められており、カードローン業者は年収確認資料を必ず確認する必要があるので、どうしても回避出来ませんので、年収でウソを書くとすぐにバレます。

また、銀行カードローンでは年収の1/3という制限はありませんが、こちらも年収書類の提出は求められておりますので、決して最初にウソを書いてはいけません。

2位:他社借入金額

申込の際には、他社借入件数や金額を求められます。
これは書かなくても分からないと思っている方が多くいらっしゃいますが、カードローンを申込む際には、「個人信用情報機関利用に関する同意書」を提出する必要がありますので、審査時に、個人信用情報機関に照会をかけます。
その際に、他社からの借入についてや過去の返済事故情報について全て分かってしまうために、他社からの借入金額を少なく記載すると 「少なく書かなければならない」理由があるのかと勘ぐられてしまうので、審査では不利に働いてしまいます。

3位:勤務先情報

勤務先は、健康保険証の提出で一発で分かります。
国民健康保険であれば分かりませんが、勤務先に対する在籍確認をする業者が多く、ウソを書いてはいけません。

在籍確認は申込本人の同意が必要ですが、確認時には、個人名で架電してきますので、申込の際に拒否するのは、厳しいのが実情です。